プロミスは収入証明書なしでキャッシングできるかどうかまとめてみました。

プロミスは一定額までなら収入証明不要でキャッシングが可能!

 

プロミスでは審査の時に収入証明書が必要になる場合があります。

 

収入証明書は主に給与明細書、源泉徴収票、確定申告書等が挙げられます。

 

最近ではプロミスだけに限らず所得証明書が不要でお金を借りる事が出来る金融機関が多くなりました。

 

 

給与明細書や源泉徴収票は運転免許証や健康保険証のようにいつも持ち歩いているわけではありません。

 

ですから用意するのに非常に手間がかかり面倒ですよね。

 

また紛失してしまった時は再発行するのに時間がかかりますので、その分融資を受けるのが遅くなってしまいます。

 

また収入証明書がきっかけで家族にバレる可能性も考えられます。

 

家族に内緒でキャッシングしたい方は多いでしょうから心配ですよね。

 

 

そんな人達にとって収入証明書なしで利用できるカードローンは非常にありがたい存在といえます。

 

ではプロミスではどのような条件の時に収入証明書なしで利用できるのでしょうか?

 

 

収入証明書とは文字通り自身の収入を証明する書類です。

 

利用限度額が一定以上になると提出が必要となります。

 

プロミスを始め消費者金融から借り入れを行う場合、限度額が50万円を超える場合に収入証明書が必要です。

 

これは消費者金融独自に決めているわけではなく貸金業法と呼ばれる法律できちんと定められていることなのです。

 

ですからプロミスからの利用限度額が50万円を超える場合は必ず収入証明書を提出しなければいけません。

 

上記でも軽く触れましたが収入証明書として認められているものは、源泉徴収票、確定申告書、課税証明書、納税通知書、給与明細書、賞与明細書、所得証明書です。

 

源泉徴収票は会社員であれば年末に会社より支給されます。

 

個人事業主の場合は確定申告書を提出するのが一般的です。

 

毎年きちんと申告していれば準備もそう面倒なことではありません。

 

収入証明書となる書類は意外と保管せずにすぐに捨ててしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

カードローンにかぎらずローンを組む場合は必ず必要となりますので、捨てずにきちんと保管しておくと良いですよ。

 

 

 

また申込金額が50万円を超えなくても収入証明書が必要となる場合があります。

 

それはプロミス以外の消費者金融で既に借入している場合です。

 

他の消費者金融とプロミスの借入額の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

 

例えば既に他の消費者金融から80万円を借入しており新たにプロミスに30万円の借り入れを申し込む場合です。

 

この場合合計で110万円となりますので収入証明書を提出しなければいけません。

 

 

一度収入証明書を提出した場合、数年後再提出を求められるようになります。

 

これはその都度返済能力が十分であるかを確認するために行われるものです。

 

利用限度額の増額や勤務先が変更になった場合も再提出しなければいけません。

 

また提出を求められたにも関わらず提出しなかった場合は利用限度額の減額若しくは利用停止となります。

 

提出を求められた際はすみやかに提出しましょう。


関連ページ

プロミスは風俗勤務でもキャッシングできるか?
プロミスのカードローンでは水商売の風俗嬢でもお金を借りれるかどうかしらべてみた。
プロミスは学生でもキャッシングできる?条件は何?
消費者金融プロミスのカードローンでは、大学生や短大生などでもお金を借りることは可能なのか?審査のときの疑問点や注意点をご紹介!